今日の映画は「ショコラ」

ショコラ

<2000年 アメリカ>

監督
ラッセ・ハルストレム

脚本
ロバート・ネルソン・ジェイコブス

キャスト
ジュリエット・ビノシュ
ヴィクトワール・ティヴィソル
ジョニー・デップ
アルフレッド・モリナ
ヒュー・オコナー

魔法のチョコレートを召し上がれ

2月14日といえば、なんといってもバレンタインデーですね!
バレンタインデーの期限は3世紀、ローマ。時の皇帝により若者は結婚を禁じられていました。戦争に出向く彼らが国のために命を捧げられるようにするためです。
キリスト教徒のバレンタインはそんな若者たちを哀れに思い、密かに結婚させていましたが、やがてバレンタインは処刑されます。その処刑された日が2月14日と言われています。
その後、時は流れ、200年後のローマ。2月14日には、独身の男女がくじ引きでつきあう人を決めるというお祭りが行われていました。風紀の乱れを懸念したキリスト教は、
このお祭りを廃止し、キリスト教の殉教者を祀るお祭りにすることを定めます。そこで選ばれたのが、200年前、恋人達のために命を落とした、かのバレンタインでした。
それ以降キリスト教で2月14日は、恋人達がギフトやカードを贈り合う日として定着したそうです。
日本でバレンタインデーが本格的に広まるのは1970年代。1950年代に入ってから、製菓会社やデパートなどでいろいろと行われたキャンペーンや広告などによって、
“女性から愛する男性へチョコレートを贈る日” として定着していきました。

そんな日に見たい映画は何といっても「ショコラ」。
フランスの小さな町にやって来た母娘が開店したチョコレートショップが次第に人々を虜にし、閉ざされた心を解き放っていく
物語です。ジュリエット・ビノシュの演技力や、ラッセ・ハルストレム監督の演出力により、心温まるファンタジーとなっています。
美味しそうなチョコレートの数々も見どころです!