365日映画・ドラマを観よう。 10/4 「蜂蜜と遠雷」 が劇場公開日なので、今日の作品は 松岡茉優 2013年出演作 「はじまりのみち」

時は戦中。映画界に政府から戦意高揚の国策映画づくりが要求された時代。木下惠介が昭和19年に監督した『陸軍』は、その役割を果たしていないとして当局から睨まれ、次の映画の製作を中止にさせられてしまう。すっかり嫌気がさした木下は松竹に辞表を提出、脳溢血で倒れた母、たまが療養している浜松市の気賀に向かう。失意の中、たまに「これからは木下惠介から本名の木下正吉に戻る」と告げる惠介。戦局はいよいよ悪化の一途をたどり、気賀も安心の場所ではなくなる。惠介は、山間の気田に疎開することを決め、その夏、一台のリヤカーに寝たままの母を、もう一台には身の回り品を乗せ、兄と、頼んだ「便利屋さん」と自分の三人で、夜中の十二時に気賀を出発し山越えをする。十七時間歩き通し、激しい雨の中リヤカーを引く三人。ようやく見つけた宿で、母の顔の泥をぬぐう惠介。疎開先に落ち着いて数日後、たまは不自由な体で惠介に手紙を書く。そこにはたどたどしい字で「また、木下惠介の映画が観たい」と書かれていた。

TSUTAYAプレミアムお申込みで、こちらの作品が見放題!詳しくは以下のサイトをご覧ください。

https://tsutaya.tsite.jp/premium/index?sc_ext=movie_vod_mihoudailp_foot_premium