抽選で15組30名様を『おとなの恋の測り方』特別試写会へご招待@大阪

TSUTAYA presents 特別試写会

抽選で15組30名様を『おとなの恋の測り方』特別試写会へご招待しております、是非ご応募下さい。

6月17日(土)より、大阪ステーションシティシネマほかにて全国公開

「最強のふたり」のスタジオ×アカデミー賞俳優ジャン・デュジャルダンが贈る、逆身長差だけど”最強のふたり”が織りなすフレンチ・ラブストーリー!

アレクサンドルは知的で優しくユーモアにあふれた、ほとんどパーフェクトなナイスガイ。
だがひとつだけ気になる点が…。

美しく聡明な弁護士ディアーヌは偶然、建築家のアレクサンドルに出会う。彼女が3年前に離婚したと知った彼は、積極的にディアーヌにアプローチする。
一方ディアーヌも、快活でポジティブで、自分の弱点――彼はディアーヌよりとても背が低いのだ――すらジョークにしてしまう彼に魅せられていくが、そんな2人に周囲の風当たりは強かった。

アレクサンドルを演じるのは、映画『アーティスト』でフランス人俳優として初めてアカデミー賞主演男優賞を受賞した演技派、ジャン・デュジャルダン。ディアーヌ役には『VICTORIA(原題)』でセザール賞主演女優賞にノミネートされ、フランスでロマコメの女王としても人気急上昇中のヴィルジニー・エフィラ。

本国フランスで「ときめきのコンビ」と称された彼らが、ちょっぴり辛口のユーモアも含め、絶妙のコメディ・センスをスクリーンに開花させる。可笑しくてチャーミングな逆身長差だけど”最強のふたり”が織りなす、ロマンティックで楽しいフレンチ・ラブストーリーが誕生!

あらすじ

ロマンティックで楽しいフレンチ・ラブストーリーが誕生!

敏腕弁護士のディアーヌは、女たらしの夫と3年前に離婚。だが仕事のパートナーでもある彼とは毎日オフィスで顔を突き合わせるため、口論が絶えない。
今日もむしゃくしゃする気持ちで帰宅した彼女のもとに、一本の電話が入る。相手の名はアレクサンドル。ディアーヌがレストランに忘れた携帯を拾ったので、渡したいという。彼の知的でユーモラスな口調に気分も一変、ほのかなときめきを覚えたディアーヌは、さっそく翌日彼と会うことに。久々にドレスアップをして、期待に胸を膨らませて待っていた彼女の前に現れたのはしかし、自分よりもずっと身長の低い男性だった。

 当てがはずれたディアーヌは早めに切り上げようとするが、茶目っ気たっぷりのアレクサンドルの話術にいつのまにか魅了されていく。
リッチで知的で才能あふれる建築家の彼は、そんな彼女にいままで経験したことのないエキサイティングな体験をプレゼントしたいと申し出て、飛行場に案内する。あっけにとられる彼女の手を引き、セスナから一緒に空中ダイビングを試みる。絶叫の瞬間の後に訪れる高揚に、胸を弾ませるディアーヌ。すっかり意気投合した彼らは、次のデートを約束して別れる。

 こうしてふたりの距離は急速に縮まっていったが、周囲の反応は穏やかではなかった。ディアーヌにいまだ心惹かれている夫は、相手が背の低い男と知ってショックを受け、アレクサンドルを侮辱する。

ディアーヌの母親は、社会的体裁を気にして反対する。そんなムードにディアーヌ自身の心も揺れ始める。自分は周りの目を気にすることなく、この人とつきあって行けるのだろうか。アレクサンドルと本当に心を分かち合えることができるのか。

そんな彼女の気持ちを敏感に察知して、アレクサンドルは尋ねる。「僕たちまだ続けられるかな」。彼の複雑な気持ちを垣間見て、ディアーヌの心はますます彼への思いと不安のあいだで引き裂かれて行く―。

 全ての女性にとって永遠のテーマである「オトコの価値は何で決まる?」という問いに、彼女が出した答えとは?

キャスト

監督:ローラン・ティラール
脚本:ローラン・ティラール&グレゴワール・ヴィニュロン
出演:ジャン・デュジャルダン、ヴィルジニー・エフィラ

日程・時間

2017年6月9日(金)18:30開場/19:00開映 [上映時間=98分]

場所

松竹関西支社 試写室

大阪市中央区難波2-1-2 太陽生命難波ビル8F
(地下鉄なんば駅25番出入口よりすぐ)

ご応募

応募締切

2017年6月5日(月)18:00まで

応募フォームはコチラ

https://form.os7.biz/f/9cdf4d13/

当選者の方へは6/5(金)中に当選のご連絡と試写の概要、注意事項をメールにてお送りさせて頂きます。受信設定を行っている方は、gmail.comからのメールの受信が出来るよう、設定をお願い致します。※連絡は当選者の方へのみとさせて頂きます。

公式サイト

http://otonanokoi.jp/

(c)2016 VVZ PRODUCTION – GAUMONT – M6 FILMS