【音楽リリース情報】絢香、約3年半ぶりの新アルバム。“時間”と“変化”を表現。「30 y/o」

30歳となった絢香をストレートに表現したタイトル

商品詳細

アーティスト:絢香
タイトル:30 y/o
レンタル開始日:2018.12.01

紹介コメント

2006年2月1日「I believe 」でデビュー。 ファーストアルバム「First Message」は出荷枚数140万枚を超え、2009年にリリースしたベストアルバム「ayaka’s History 2006-2009」でもミリオンを記録。2年間の活動休止を経て2012年2月1日に復帰アルバム「The beginning」をリリース。 初のセルフプロデュースアルバムとなる同アルバムはオリコン初登場1位を獲得し、約4年振りの全国ツアーを大成功に収める。2014年、NHK朝の連続テレビ小説「花子とアン」の主題歌「にじいろ」をリリースし、ロングヒットを記録中。ベストアルバム「THIS IS ME〜絢香 10th anniversary BEST〜」を7月にリリース。そのベストアルバムをひっさげ、開催した全国アリーナツアーを実施。10周年を経て、ライブツアーも勢力的に活動しながら、東京メトロ「Find my Tokyo.」のCMソングとなった絢香&三浦大知コラボレーションソング「ハートアップ」のリリース。ツアー途中からの会場限定販売にも関わらず、1万枚を超えるセールスを記録した、絢香“初”となる卒業ソング「サクラ」のリリース。現在では会場以外でも手にしたいという要望が多数集まり配信もスタートし、大きな反響を呼んでいる。
絢香にとって、『レインボーロード』(2014年作品)以来、実に約3年半振り、通算5枚目のオリジナル・アルバムとなる。また、2016年にデビュー10周年を迎えてから最初のアルバムでもある。「30 y/o」(読み:サーティー・ワイ・オー)にはドラマ「ツバキ文具店~鎌倉代書屋物語~」の主題歌「コトノハ」や、三浦大知とのコラボレーション曲「ハートアップ」、卒業ソング「サクラ」などの既発曲に未発表曲を加えた全12曲を収録。『30 y/o』は《30 years old》の意味であり、30歳となった絢香をストレートに表現したタイトル。18歳でデビューした彼女が30歳となり、このタイミングでアルバムをリリースすることはとても意味のあることだと彼女自身も感じている。そんな《特別な作品》のコンセプトは “時間” と “変化” だそうだ。節目の年を迎えた彼女が今、一段と感じるのは《時間には限りがある》ということ。心の奥底で願う変化を止めたいコトは、時の流れと共に無情にも変容していく。反対に、変わりたい!変えたい!と願うコトほど早く行動に移さないと、あっという間に過ぎて行く時間にショックを受けるという。「結局は自分次第。たった1度きりの人生。私は堂々と30歳であることを、自分が選択してきたことを誇らしく生きたい」その言葉から、これまでのアーティスト活動を振り返った彼女自身が今、”変化” を望んでいるのかもしれない。これまでの絢香にない、新しいサウンドを感じさせてくれるであろう内容になっていることが優に想像できる。