【音楽リリース情報】ケツメイシ11枚目のオリジナルアルバムがリリース決定! 「ケツノポリス11」

11枚目のオリジナルアルバムがリリース!

商品詳細

アーティスト:ケツメイシ
タイトル:ケツノポリス11
レンタル開始日:2018.11.10

紹介コメント

男性4人で構成されるヒップホップグループ。グループ名の由来は、中国で古代より下剤などに使用されている薬草「決明子(けつめいし)」で、薬草の効用になぞらえて「全てを出し尽くす」という意味が込められている。メンバーの中の2人は東京薬科大学出身で、薬剤師免許も取得しており、外資系製薬会社の勤務歴もある。またメンバーの2人は兵庫県神戸市出身で、神戸市中央区の神戸国際会館で開かれたライブでは「地元に帰ってきて嬉しい」と神戸のファンにメッセージを送った。ライブでは下ネタ混じりのMCが好評であり、最初は笑わせて最後は泣かすとの定評がある。NHKから2005年の「紅白歌合戦」への出場を依頼されるが、辞退した。『幸せをありがとう』はDJ KOHNOの結婚を祝って他のメンバーが「アルバム作成合宿(沖縄)」で極秘に作った曲だが、結婚式までに完成が間に合わなかった。結局結婚式当日は、メンバーでかくし芸を披露した。DJ KOHNOの結婚を祝って作った曲だが実際は、大蔵が今の奥さんと仲直りするきっかけになった曲らしい。
そんな彼らの11枚目のオリジナルアルバムがリリース。ジャケットアートワークは、ケツメイシにとって縁の深い沖縄・首里城前で撮影。デビュー作である「ケツノポリス」と同じロケーションで撮影され、ジャケットの色も白となり、写真以外は1stアルバムと同じデザインに。アルバムタイトル表記も、デビュー作と同じカタカナ表記の「ケツノポリス」になっている。初期のアルバムアートワークが印象に残っているユーザーには、最新のビジュアルに当時のフレームと、懐かしさをも感じる1枚になることは間違いない。また気になる収録内容は、新旧ファンも納得のTHIS IS ケツメイシ! な内容。全15曲収録のうち、8曲がタイアップ楽曲となっており、“DHC [F1] ミネラルベースメークシリーズCM”タイアップ曲「はじまりの予感」はもちろん、沖縄県とCLUBケツメイシ会員限定でのみ販売された“オリオンドラフトCMソング”「カンパイの唄」、現在放送中の“深夜! 天才バカボンEDテーマ”「風は吹いている」など、どこかで必ず耳にしているであろう楽曲を収録。