【映像リリース情報】シリーズ完結編は、最高に泣けるフィナーレ!「祈りの幕が下りる時」

スタッフ

監督・福澤克雄
脚本:李正美
原作:東野圭吾

キャスト

阿部寛(加賀恭一郎)、松嶋菜々子(浅居博美)、溝端淳平(松宮脩平)、田中麗奈(金森登紀子)、キムラ緑子(浅居厚子)

事件の謎は俺、俺なのか―。

東野圭吾原作の「新参者」シリーズの完結編。東野圭吾の人気ミステリー「加賀恭一郎シリーズ」第10作の映画化で、2010年に放送された連続ドラマ「新参者」、2本のスペシャルドラマ、映画「麒麟の翼 劇場版・新参者」に続き、阿部寛が主人公の刑事・加賀恭一郎を演じる。
父との確執、母の失踪など、これまで明かされることがなかった加賀自身の謎が明らかとなる。

東京都葛飾区小菅のアパートで滋賀県在住の押谷道子の絞殺死体が発見された。アパートの住人も姿を消し、住人と押谷の接点は見つからず、滋賀県在住の押谷が東京で殺された理由もわからず捜査は難航する。捜査を進める中で加賀(阿部寛)は、押谷が中学の同級生で演出家の浅居博美(松嶋菜々子)をたずねて東京にやってきたことを突き止めるが……。松嶋菜々子ほか、山崎努、及川光博、溝端淳平、田中麗奈、伊藤蘭、小日向文世らが顔をそろえ、監督は「半沢直樹」「下町ロケット」「3年B組金八先生」など数多くのヒットドラマを手がけた福澤克雄。

原作がヒット小説の場合、読まれている分好き嫌いが分かれることが多い。基本的に先に原作を読んでいると、原作の良いイメージを超えられないケースも少なくない。
でも、東野圭吾原作の今回の映画は、ドラマより映画の方面白い!(ドラマごめんなさい。。)原作に忠実でもともと秀逸な物語の原作の雰囲気を壊すことなく、細かなところまで実力派キャストを配して、そのキャスト陣をして如何なく実力が発揮された素晴らしい演技に魅了(=号泣)させられること請け合いです!

一見繋がりが分からない事件と出来事が徐々に繋がり、全容が明らかにされていく、先を予想させない展開!
濃厚な人情サスペンス、見応えありです!