【映像リリース情報】愛する人の素性がすべて嘘だったら・・・「嘘を愛する女」

監督 中江 和仁
脚本 中江 和仁、近藤希実
キャスト 長澤まさみ、高橋一生、DAIGO、川栄李奈

長澤まさみと高橋一生が共演し、恋人の大きな嘘に翻弄されるキャリアウーマンの運命を描いたラブサスペンス。オリジナルの優れた映画企画を募集する「TSUTAYA CREATORS’ PROGRAM」の第1回でグランプリを受賞した企画を映画化した。
食品メーカーに勤める川原由加利は、研究医である優しい恋人・小出桔平と同棲5年目を迎え、公私ともに充実した日々を送っていた。そんなある日、自宅で桔平の帰りを待つ由加利のもとに、警察が訪ねてくる。桔平がくも膜下出血で意識を失っているところを発見されたのだが、桔平の所持していた運転免許証や医師免許証はすべて偽造されたもので、職業も名前も全てが嘘であると判明したのだ。ショックを受けた由加利は桔平の正体を突き止めるべく、私立探偵の海原匠と彼の助手キムに調査を依頼。やがて、桔平が書き溜めていた700ページにも及ぶ未完成の小説が見つかる。その内容をもとに、いまだ病院で眠り続ける桔平の秘密を探るため瀬戸内海へと向かう由加利だったが……。
「嘘」がテーマの作品だけに、自分も過去についた「嘘」について振り返ってしまった。あの「嘘」をついたことは正しかったのか?自分に問いかけてみたくなる映画です。
皆さんもこの映画を見て、自分のついた「嘘」、人からつかれて「嘘」について考えてみては。
今自分の愛する人の素性は本当に正しいのか?もしすべて「嘘」だったらと考えると本当に恐ろしくなりませんか?
小説版「嘘を愛する女」も人気です、映画と比較して読んでみるのもおすすめですよ。