【映像リリース情報】私は、国家の美しい武器「レッド・スパロー」

監督 フランシス・ローレンス
脚本 エリック・シンガー
原作 ジェイソン・マシューズ
キャスト ジェニファー・ローレンス、ジョエル・エドガートン、マティアス・スーナールツ、シャーロット・ランプリング

バレリーナの将来が怪我のために断たれたドミニカ・エゴロフ。病気の母に治療を受けさせるためにロシアの諜報機関の訓練施設に送られる。そこは、ハニートラップと心理操作を武器としてミッションの遂行するスパイ=<スパロー>の養成機関だった。持ち前の美貌と頭脳で、ドミニカは望まないながらも、一流の<スパロー>へと仕立て上げられる。彼女に最初に与えられたミッションはアメリカのCIA局員に接近し、ロシア政府内に潜むスパイの名を聞き出すこと。 しかしその任務は、ドミニカを想像も超える運命に導き、彼女は敵国アメリカのみならず、祖国ロシアからも狙われることに……。大国間の裏舞台での陰謀と欲望が渦巻くストーリーは、信じがたい結末へーー。

ジェニファー・ローレンス演じるドミニカが超絶美しい!!そして圧巻のセミヌードやセクシーシーンの熱演が目をそらせない。スパイの騙し合いの攻防が気になりあっという間の145分。女性スパイだからこそのアクションよりも心理戦が見物。スパイ映画改めて良い。と感じる作品である。痛々しくもリアルな拷問シーンがあり、決して派手ではないがリアルな諜報戦の怖さが味わえる。必見!!