【映像リリース情報】最弱の初心者が最強のライバルに挑む!青春“なぎなた”エンターテインメント!「あさひなぐ」

監督 英勉
脚本 英勉
原作 こざき亜衣
キャスト 西野七瀬(東島旭)、桜井玲香(八十村将子)、松村沙友理(紺野さくら)、白石麻衣(宮路真春)、伊藤万理華(野上えり)、富田望生(大倉文乃)、生田絵梨花(一堂寧々)

人気アイドルグループ「乃木坂46」のメンバー主演で、なぎなたに青春をかける少女たちを描いた、こざき亜衣による漫画「あさひなぐ」を実写映画化。
同漫画を乃木坂46の主演で舞台化&映画化するプロジェクトの映画版で、乃木坂46きっての人気メンバー、西野七瀬が主演を務める。

中学まで美術部だった東島旭(西野七瀬)は、二ツ坂高校に進学し、「なぎなたは高校部活界のアメリカンドリーム」という謳い文句に誘われ、なぎなた部に入部。一学年先輩の宮路真春(白石麻衣)に憧れ、同じく新入部員の八十村将子(桜井玲香)や紺野さくら(松村沙友理)、2年生の野上えり(伊藤万理華)、大倉文乃(富田望生)らとともに稽古に励む。やがて3年生にとって最後の試合となるインターハイ予選を迎えるが、圧倒的な強さを誇る1年生・一堂寧々(生田絵梨花)を擁する國陵高校に決勝で敗退。3年生が引退し、野上を新たな部長に再スタートを切ったなぎなた部は、地獄のような夏合宿を経て成長していく。

「ハンサム★スーツ」「ヒロイン失格」「トリガール!」などを手がける英勉監督がメガホンをとり、内容はややギャグ多めの部活もの。多少の既視感は否めないが、額に汗して頑張る主人公達は応援できる。
この映画の見所を乃木坂メンバー以外に挙げるなら、なんといっても面白かったのは角替和枝と江口のりこの師弟対決!生臭坊主に徹した江口の鬼気迫る白い顔と怒声がいつまでも目に焼き付いた。さすがの貫禄。青春スポコン映画として楽しんでほしい。