何があっても守り抜け!「新感染 ファイナル・エクスプレス」

韓国が誇る高速鉄道、KTXを舞台とした、ゾンビ化したウイルス感染者との戦いを描くアクションホラー作品!!!

スタッフ

監督:ヨン・サンホ
主演:コン・ユ

日本では昨年9月に劇場公開された作品で、クチコミやSNSでその面白さが拡散し、すでに興行収入3億を超えるスマッシュヒットとなっています。

仕事人間なファンドマネージャーのソグ(コン・ユ)は愛娘のスアン(キム・スアン)を別居中の妻に会わせようと、ソウル発プサン行きの高速鉄道KTXに乗車する。だが、発車直前に未知のウイルスに感染した女が乗り込んできた。駆け込んできた女はゾンビウイルスの感染者であり、車内で倒れていたところを介抱しようとした乗務員に突然襲いかかる。噛みつかれた乗務員は一度はこと切れたが、再び立ち上がり、恐ろしい形相で周囲の乗客を次々と襲い始めた。事態に気づいた乗客たちは他の車両へ逃げ出したが、感染は一気に広がり、逃げ場のない、時速300キロで疾走する列車の中は地獄絵図と化していく。

 昨年のカンヌ国際映画祭のミッドナイト・スクリーニング部門に出品され、ファンタジア国際映画祭(カナダ)で最優秀作品賞を受賞、シッチェス・カタロニア国際映画祭(スペイン)で監督賞・視覚効果賞の2部門で受賞。世界156か国から買い付けオファーが殺到し、アメリカでのリメイクも決定したという期待の作品です。