絶賛レンタル中!知ってました?これで25作目!「映画クレヨンしんちゃん 襲来!!宇宙人シリリ」!!!

「その夜ふたりはシリあった。」

クレシン映画も1作目の「~アクション仮面VSハイレグ魔王」(1993年公開)から数えて25作目。ということで、25周年メモリアル作品です。最初の頃は、親を呼び捨てにする「見せたくないアニメ」等の酷評もありましたが、いまでは、コナンやドラえもんと並ぶ大人気シリーズとなりました。今回は宇宙人シリリの放つ「バブバブ光線」で10歳にされた父ひろしと4歳にされた母みさえをもとに戻すために、子供だけになった野原一家がシリリの父親を捜す日本縦断の旅に出るお話。シリリの放つ「バブバブ光線」は人間を25歳若返らせるが、成長させることはできない。そして、それを元に戻せるのは、シリリの父が放つ「スクスク光線」だけという設定です。
毎回、劇中で名言を残してきたしんのすけ君ですが、今回も記憶に残る感動の一言を届けてくれるのでしょうか?
オトナも楽しめる作品なので、是非ご覧ください。