【映像リリース情報】この男、天才パイロット、CIAエージェント、そして麻薬の密輸王「バリー・シール アメリカをはめた男」

監督 ダグ・リーマン
脚本 ゲイリー・スピネッリ
キャスト トム・クルーズ、ドーナル・グリーソン、サラ・ライト、ジェシー・プレモンス、ローラ・カーク、マウリシオ・メヒア

天才的な操縦技術を誇り、民間航空会社のパイロットとして何不自由ない暮しを送っていたバリー・シール(トム・クルーズ)の元に、ある日CIAのエージェントがスカウトに現れ、CIAの極秘作戦に偵察機のパイロットとして加わる事となった。その過程で、伝説的な麻薬王パブロ・エスコバル(マウリシオ・メヒア)らと接触し、麻薬の運び屋としてもその才能を見せ始める。ホワイトハウスやCIAの命令に従いながら、同時に違法な麻薬密輸ビジネスで数十億円の荒稼ぎをするバリー。しかしそんな彼の背後には、とんでもない危険が迫っていた…。
この映画は、実話なのですが、時々実話ということを忘れる位、破天荒ぶりはすごい。一度闇社会に、足を踏み入れたら抜け出せない世界だということを思い知った。
本作品は、映画としてみるのもよいですが、1970年代の時代背景を知ったうえで、観ると、より楽しめます。