【映像コーナー展開中!】子ども向け映画キャッチコピーコンテスト「Movie-ワン(ムビワン)グランプリ」

募集対象を拡大して今年も開催決定!~きみが見た映画の良かったところを20文字の「ことば」であらわそう~

こんにちは◎ 関西TSUTAYAクラブマガジンからのお知らせです。全国の小学生・中学生・高校生を対象キャッチコピーコンテストを開催中です!!

MOVIE-ワングランプリとは?

全国の小学生・中学生・高校生を対象に、映画のキャッチコピーを募集するコンテストです。
先進的な活動を行う図書館などを表彰する「ライブラリー・オブ・ザ・イヤー2016」の大賞に輝いた、兵庫県伊丹市立図書館ことば蔵とTSUTAYAが共同開催し、映画鑑賞を通じて子どもたちの感受性を豊かにし、さらにキャッチコピーを創ることで、表現力を養う一助となることを目的としています!

コーナー展開中!

また関西エリアのTSUTAYAでは、「親子で観たい映画コーナー」内に展開する「Movie-ワングランプリ」コーナーにて、TSUTAYAがオススメする子どもたちに見てほしい映画を提案いたします。
TSUTAYAは、本取組を通じて、子どもたちがより多くの良質な映画作品と出会い、キャッチコピーを考えることで想像力と表現力が豊かになることを信じ、映画を通じたライフスタイルの提案を行ってまいります。

阪急伊丹駅前店

伊丹大鹿店

トアロード店

コンテスト概要

応募資格:全国の小学生・中学生・高校生
応募期間:2018年7月20日(金)~2018年9月2日(日)18時
応募形式:指定の応募用紙に、映画を観て考えたキャッチコピーを20文字以内で記載
応募方法:伊丹市立図書館「ことば蔵」まで郵送or持ちこみ
表彰:11/4(日)伊丹市立図書館にて発表・表彰(最優秀賞・優秀賞・ことば蔵賞・TSUTAYA賞)

※応募用紙は図書館HPからDLできます※ことば蔵賞は伊丹市立図書館ことば蔵にて一定期間応募作品を掲示し、来館されたお客様からの投票によって決定します※受賞作品は関西エリアの一部TSUTAYA店頭にて展開予定です

伊丹市立図書館 ことば蔵について

平成24年7月に現在の中心市街地に移転し「ことば蔵」の愛称でリニューアルオープン。「公園のような図書館」をコンセプトに、市民が自由に参加し、やりたいことについて話し合える「交流フロア運営会議」を毎月実施。市民のアイデアを取り入れることで年間約200回のイベントを開催し、読書だけでなく、誰もが気軽に訪れることができる図書館づくりを進めている。
「図書館において、学びや遊びに関する創造的な活動を市民と共に実践している」点が評価され、先進的な活動を行う図書館などを表彰する「ライブラリー・オブ・ザ・イヤー2016」の大賞を受賞。これまでにも、手作りの帯でお気に入りの本を紹介する「帯ワングランプリ」や、作家になった気分で架空の本のタイトルを考えて出来を競う「タイトルだけグランプリ」など、様々なイベントを開催している。

場所

〒664-0895 兵庫県 伊丹市宮ノ前3丁目7-4

公式HP

http://www.city.itami.lg.jp/SOSIKI/EDSHOGAI/EDLIB/index.html