【映像リリース情報】 これはもう、ヒューマンドラマだ!「GOZILLA 星を喰う者」

その<黄金>は<絶望>すら焼き尽くす!

スタッフ

監督:静野孔文、瀬下寛之
製作:大田圭二
脚本:虚淵玄

キャスト

宮野真守(ハルオ・サカキ)
櫻井孝宏(メトフィエス)
花澤香菜(ユウコ・タニ)

概要

「ゴジラ」シリーズ初のアニメーション映画として製作された3部作の最終章です。第1章の『GODZILLA 怪獣惑星』では人類の苦難の日々と圧倒的な力を持つゴジラに驚異を覚え、第2章の『GODZILLA 決戦機動増殖都市』ではその力に対抗できるメカゴジラの活躍と、そこから生まれる新たな問題を描きました。そしてこの第3章『GODZILLA 星を喰う者』 は、ゴジラシリーズのなかでも人気と戦闘能力ともに最高クラスの怪獣「ギドラ(キングギドラ)」がゴジラに襲いかかります。ちょうど1作目が好評された頃に「シン・ゴジラ」が大ヒットしていたり、今回のキングギドラ登場も、5月31日公開のハリウッド版ゴジラにも満を持して登場するなど、話題がリンクする部分もありますが、こちらは怪獣たちの決闘がメインではなく、人間ドラマ色の強い仕上がりになっています。監督は、劇場版「名探偵コナン」シリーズの静野孔文と、「亜人」の瀬下寛之。脚本は「PSYCHO-PASS サイコパス」など数多くのヒット作を生み出している虚淵玄。じっくり観てほしい作品です。
(TEXT:関西TSUTAYA 映像MD とらお)