【映像リリース情報】 どん底借金生活男が奇跡の「億男」に。だが現金3億円は一夜にして友人とともに消える・・・「億男」

大ベストセラー小説を「るろうに剣心」の大友啓史監督が映画化!

スタッフ

監督:大友啓史
製作:市川南
原作:川村元気
脚本:渡部辰城/大友啓史

キャスト

一男/佐藤健
九十九/高橋一生
万佐子/黒木華
あきら/池田エライザ
十和子/沢尻エリカ
百瀬/北村一輝
千住/藤原竜也

概要

ベストセラー小説を佐藤健&高橋一生の初共演で映画化。3000万円の借金を残して失踪した兄の保証人として返済に追われる一男(佐藤)に愛想を尽かした妻子は家を出てしまった。そんな不幸続きの一男に宝くじ3億円当選という幸運が舞い込む。これでやっと借金返済、家族の修復とともに一発逆転を夢想するが、ネットで悲惨な人生を送る高額当選者の記事ばかりが飛び込んでくる。不安になった一男は、起業して億万長者となった大学時代の親友・九十九(高橋)にアドバイスをもらうため、九十九を訪ねるが、酔いつぶれて目が覚めると、九十九は3億円とともに姿を消していた。手がかりを求め九十九と繋がりのあった「億男」たちと面会を続ける中で「お金とは?」「幸せとは?」を自問自答する一男。その答えがようやくわかりかけた時、3億とともに九十九が現れる・・・・この映画は単なるサクセス・エンターテイメントとは違い、「お金の重さは常に1グラムだ。使う人が重くも軽くもするんだ」という劇中セリフにもあるように、お金が人を変え、人がお金を変えるという全く笑えない、ナイフで心を刺されたような内容。そしてこの映画の価値を大きく上げているのは脇を固める俳優達で、最初誰だかわからなかった(ローリー寺西かと思った) 北村一輝と、怪しげな教祖様的役の藤原竜也。この二人の超絶怪演は「役者の凄み」を垣間見た。さらに沢尻エリカの妖艶さ、池田エライザの可愛さが華を添える。そしてなんといっても高橋一生の演技力。立川志らくが指導した高橋一生の落語!これだけでもこの映画を観る価値あり。それでもやっぱりお金は欲しい。
(TEXT:関西TSUTAYA 音楽MD 山哲)