【映像リリース情報】 この映画は観逃したらダメ!絶対観て!お願いします!「ボヘミアン・ラプソディ」

全世界が熱狂!感涙!喝采!!伝説のバンド<クイーン>の感動の物語。
魂に響くラスト21分——俺たちは永遠になる。

(TSUTAYA藤原台店)

スタッフ

監督:ブライアン・シンガー
製作:グレアム・キング、ブライアン・メイ、ロジャー・テイラー他
脚本:アンソニー・マクカーテン

キャスト

ラミ・マレック
ジョセフ・マッゼロ
ベン・ハーデイ

概要

1975年4月17日、そう、「クィーンの日」。羽田空港に降り立ったか彼らを迎えたのは、3,000人以上のファンだった。まだデビュー3年目の新人ロックバンドで、本国ではそれほどでもなかった(?)彼らにしてみれば、この大歓声の出迎えには肝を潰したとか。そしてこの日から44年の時が流れた今年の4月17日、満を持してリリースされたのがこの「ボヘミアン・ラプソディ」です。興行収入は4月には127億を超え、900万人以上を動員した、まさに記憶に残る映画となりました。超簡単に言うと常識を打ち破り世界を変えたフレディ・マーキュリーの生き様を、あの名曲たちと共に描いた作品です。タイトルにもなっている「ボヘミアン・ラプソディ」誕生の瞬間や、あの20世紀最大のチャリティコンサートと言われる「ライブ・エイド」のシーンで彼らの圧巻のパフォーマンスにくぎ付けになり、もう感動しすぎて涙腺が崩壊した方も多いのでは?それと、その舞台裏にあった数々の葛藤や、なによりもフレディが歩んだ人生そのものが波乱万丈すぎて、結局、最初から最後まで泣きっぱなしの135分でした。米アカデミー賞では4冠を受賞、日本アカデミー賞でも最優秀外国語映画賞受賞を受賞。死ぬまでに絶対に観ておきたい作品です。

(TEXT:とらお)