【映像リリース情報】 ラストシーンはまさにトラウマ級!? 家族の「絆」「心」「身体」全てが狂い出す様を描いたオカルトホラー !「ヘレディタリー 継承」

【超恐怖】これが現代ホラーの頂点 全米を凍りつかせた”完璧な悪夢”ついに上陸 この家族の物語は、永遠のトラウマになる―

スタッフ

監督:アリ・アスター

キャスト

トニ・コレット(アニー・グラハム)
アレックス・ウルフ(ピーター・グラハム)
ミニー・ジャピロ(チャーリー・グラハム)
ガブリエル・バーン(スティーブ・グラハム)

概要

ミニチュアジオラマ作家のアニー(トニ・コレット)の母、エレンの葬儀が執り行われるところから物語は始まる。
エレンには謎が多く、参列者には知らない顔も多かった。
あまりエレンと仲の良くなかったアニーだが、身近な人を亡くした人の為のグループカウンセリングに参加し、ジョーンという女性と出会う。

後日、息子のピーター(アレックス・ウルフ)が友人のパーティーへ参加する為、車を貸してくれとアニーに相談をしてくるが、アニーは妹のチャーリー(ミニー・ジャピロ)も同行させることを条件に承諾。
そのパーティーには多くの友人が参加し、正直チャーリーの存在は疎ましかったピーターは、友人と悪ふざけをしている最中に妹チャーリーから目を離してしまう。

そして、その後に起きる出来事を発端に
運命の歯車は絶望へと転がり落ちていくーーー

主演を努めるのは、映画『シックス・センス』や『イン・ハー・シューズ』など思い悩む役や映画『リトル・ミス・サンシャイン』での母親など色んなジャンルをこなすバイプレーヤー“トニ・コレット”。
彼女の狂気溢れる演技で2018年最も恐怖する映画として話題となった今作。

意味深な場面も多く、2度3度見返すと分かってくるのだが、分かったが故に怖さが増してしまう。

恐怖の深淵を見てみたくなった方...覚悟して観てください!