【映像リリース情報】 すべてを喰いつくす!!マーベル史上、最も残虐なダークヒーロー、日本上陸!「ヴェノム」

残虐で”最悪”かつ異形の存在でありながら、ユニークかつユーモアに富むダーク・ヒーロー”ヴェノム”の活躍を規格外のアクションと最新のVFXで描く!

▼江坂南店

スタッフ

監督:ルーベン・フライシャー
原案:スコット・ローゼンバーグ
脚本:スコット・ローゼンバーグ

キャスト

トム・ハーディ、ミシェル・ウイリアムズ、リズ・アーメッド、スコット・ヘイズ、リード・スコット

概要

主人公エディ役には『ダークナイト ライジング』『マッドマックス怒りのデスロード』『レヴェナント:蘇えりし者』に代表される実力派、トム・ハーディ。ヒロインのアン役は『マンチェスター・バイ・ザ・シー』『グレイテスト・ショーマン』のミシェル・ウィリアムズ。監督するのは『ゾンビランド』、『L.A ギャングストーリー』のルーベン・フライシャーと豪華キャスト、スタッフ陣が集結!

敏腕記者エディ・ブロックは、人体実験で死者を出しているという<ライフ財団>の真相を追う中、<シンビオート>と呼ばれる地球外生命体を発見し接触してしまう。
この意思を持った生命体との接触により、エディの体は寄生され、その声が聞こえるようになる。
「一つになれば、俺たちはなんだってできる」とシンビオートはエディの体を蝕み、このまま自分の乗り物となることを受け入れれば強大なパワーを与えるという取引を持ちかける。
エディは肉体の変化に困惑しながらも、その力に少しずつ魅入られていく――。
「俺たちは―――ヴェノムだ」こうして、❝最悪❞の存在、ヴェノムが誕生した!

グロテスクな造形から残虐なシーンが強調されがちですが、殺傷シーンでも血しぶきが出ないように配慮していたり、コミカルなシーンもあり、笑える場面も盛り込まれているので、見た目で敬遠しがちな方にも、見ていただけます。
あまり深く考えずに見ていただければきっと楽しめるはず!