【映像リリース情報】対立する2人の検事。正しいのはどちらか― 「検察側の罪人」

木村拓哉と二宮和也の初共演で、「犯人に告ぐ」などで知られる雫井脩介の同名ミステリー小説を映画化。ある殺人事件を巡る2人の検事の対立を描く。

スタッフ

監督:原田眞人
原作:雫井脩介
脚本:原田眞人

キャスト

木村拓哉(最上毅)
二宮和也(沖野啓一郎)
吉高由里子(橘沙穂)
平岳大(丹野和樹)
大倉孝二(弓岡嗣郎)
八嶋智人(小田島誠司)
音尾琢真(千鳥)
酒向芳(松倉重生)
松重豊(諏訪部利成)
山崎努(白川雄馬)

概要

都内で発生した殺人事件。犯人は不明。事件を担当する検察官は、東京地検刑事部のエリート検事・最上(木村拓哉)と、刑事部に配属されてきた駆け出しの検事・沖野(二宮和也)。最上は複数いる被疑者の中から、一人の男に狙いを定め、執拗に追い詰めていく。その男・松倉(酒向芳)は、過去に時効を迎えた未解決殺人事件の重要参考人であった人物。最上を師と仰ぐ沖野は、被疑者に自白させるべく取り調べに力を入れるが、松倉は犯行を否認し続け、一向に手応えが得られない。沖野は次第に、最上が松倉を犯人に仕立て上げようとしているのではないかと、最上の方針に疑問を抱き始める。互いの正義を賭けて対立する二人の検事。彼らの戦いに、待ち受けていた決着とは——。

木村拓哉と二宮和也の共演が話題となった本作。映画冒頭で最上検事が新人検事たちを一喝するシーンや、容疑者・松倉を取り調べる沖野の迫真のシーンの演技が光る。
本作をさらに魅力的にしているのは紛れもなく脇を固める演技派俳優たち。特に酒向芳演じる容疑者・松倉と松重豊演じる諏訪部に注目。
何が正しいのか、信じていたものは間違っていたのか。信念とは何か、法律とは何かを考えさせられる社会派ドラマ。