【映像リリース情報】“音を立てたら何かに襲われる”息もできない緊張感、スリルを味わおう! 「クワイエット・プレイス」

姿の見えない“何か”から身を潜め、物音を立てないように必死に生きる家族に迫る恐怖を描く、サスペンス・ホラー。

スタッフ

監督:ジョン・クラシンスキー
脚本:ブライアン・ウッズ、スコット・ベック、ジョン・クラシンスキー

キャスト

エミリー・ブラント、ジョン・クラシンスキー、アリソン・シーガー、
アーロン・ジャナス

概要

『ヴィクトリア女王 世紀の愛』での主人公役で、数々の賞に輝いたエミリー・ブラントがヒロインのエヴリンを演じる。実生活でも彼女の夫であるジョン・クラシンスキーが夫のリーに扮し、監督も務める。
音に反応して人間を襲う“何か”によって、人類が滅亡の危機に瀕した世界。リー(ジョン・クラシンスキー)とエヴリン(エミリー・ブラント)の夫婦は、3人の子どもと共に、あるルールを守って生き延びていた。“決して、音を立ててはいけない”。その“何か”は、呼吸の音すらも聞き逃さない。“何か”に一瞬でも聞かれたら即死。手話を使い、裸足で歩き、道には砂を敷き詰め、静寂と共に暮らす日々。だが実は、エヴリンは出産を目前に控えていた。果たして一家は、最後まで沈黙を守ることができるのか……?
映画の設定上、極端にセリフが少なくそれがさらに緊張感を増強し、見ているこちらも音をたてないように息をひそめて鑑賞してしまう、こんな映画見たことない!
新たなシチュエーション・スリラーの傑作を是非ご欄ください。