【映像リリース情報】すべての人を笑顔にする、最高にハッピーなミュージカル!「マンマミーア」

「ABBA」のヒット曲で構成される人気ミュージカルの舞台を映画化した「マンマ・ミーア!」の10年ぶりとなる続編。

スタッフ

監督 オル・パーカー
製作 ジュディ・クレイマー
ゲイリー・ゴーツマン
制作総指揮 ベニー・アンダーソン
ビョルン・ウルバース

キャスト

アマンダ・セイフライド(ソフィ)
ピアース・ブロスナン(サム)
コリン・ファース(ハリー)
ステラン・スカルスガルド(ビル)
クリスティーン・バランスキー(ターニャ)

概要

どこまでも青く輝くエーゲ海に浮かぶ、ギリシャのカロカイリ島。母のドナ(メリル・ストリープ)との夢だったホテルを、ついに完成させたソフィ(アマンダ・セイフライド)は、支配人に任命したセニョール・シエンフエゴス(アンディ・ガルシア)と共に、オープニングパーティの準備に駆け回っていた。人生で最高に晴れやかな日を迎えたソフィだが、ニューヨークでホテルビジネスを学んでいる夫のスカイ(ドミニク・クーパー)に、緒にニューヨークで暮らさないかと誘われ、母の夢にこだわる気持ちとの間で心揺れるソフィ。そんな中、ソフィの妊娠が発覚!ソフィは思わず、若き日の母と自分を重ねる。ママは私を身ごもった時、どんな気持ちだった?3人のパパたちとはどうやって出会って、なぜ別れたの? ソフィの母ドナの若き日である1979年の物語を交錯させながら、母から娘へと受け継がれていく愛と絆を描いた感動作。

キャストにはソフィ役のアマンダ・セイフライドを筆頭に、ドナ役のメリル・ストリープら前作のメンバーが再結集。若き日のドナ役に「シンデレラ」のリリー・ジェームズ、若き日のサム役に「戦火の馬」のジェレミー・アーバイン、ソフィの祖母ルビー役に「バーレスク」のシェールら、新たなメンバーも参加。

メリル・ストリープは歌唱力もユーモアの才能も惜しげもなく披露していて素晴らしいし、娘のソフィ役のアマンダ・セイフライドも、ママに甘えていた女の子が大人の女性へと成長し、妊娠という人生のターニングポイントを迎えて、母の愛を心から理解する姿を情感豊かに演じていてとても共感できる。その上音楽もステキでコメディ要素もあり、これが面白くない訳なし!
「レ・ミゼラブル」「ラ・ラ・ランド」「美女と野獣」「グレイテスト・ショーマン」――世界中の誰もが見た大人気のミュージカル映画たちのどれよりも先に公開され、ブームの火付け役となった“原点” の「マンマ・ミーア!」。その続編となる本作は、感動ドラマも倍増で、歌って踊って、最高の気分をくれる、ハッピーが鳴りやまない最高の感動作!おすすめです。!