【映像リリース情報】死神見参!福士蒼汰が斬魄刀をふるう!「BLEACH」

「ONE PIECE」や「NARUTO-ナルト-」と並び、「週刊少年ジャンプ」を代表する金字塔漫画「BLEACH」が、満を持して待望の実写映画化!

スタッフ

監督 佐藤信介
原作 久保帯人
脚本 羽原大介
佐藤信介
製作 高橋雅美

キャスト

福士蒼汰(黒崎一護)
杉咲花(朽木ルキア)
吉沢亮(石田雨竜)
真野恵里菜(井上織姫)
小柳友(茶渡泰虎)
田辺誠一(浦原喜助)
早乙女太一(阿散井恋次)
MIYAVI(朽木白哉)
長澤まさみ(黒崎真咲)
江口洋介(黒崎一心)

概要

幽霊が見えること以外は普通の高校生・黒崎一護(福士蒼汰)は、死神を名乗る謎の女・朽木ルキア(杉咲花)から力を譲り受け、死神を代行するハメになる。家族と仲間を守るため、人間の魂を喰らう悪霊・虚〈ホロウ〉と死闘を繰り広げる一護だったが、想像を絶する運命が待ち受けていた―。

久保帯人による原作コミック(全74巻)は、01年の連載開始から16年の連載終了まで若い世代を中心に圧倒的人気を獲得。TVアニメに留まらずあらゆるメディアを超え展開され、日本はもちろん世界中でも超ベストセラーとなったド・メジャー級コミック。
「BLEACH」の魅力は何といっても、唯一無二のオリジナリティあふれる世界観。人間が住む“現世”と、死神たちの“尸魂界(ソウル・ソサエティ)”を舞台に、それぞれに宿命を背負ったキャラクターが縦横無尽に躍動し、ド派手にしてスタイリッシュな死闘が繰り広げられる。この次元を超越した物語の実写化に挑んだのが、『アイアムアヒーロー』(15)で世界三大ファンタスティック映画祭を制覇した佐藤信介監督。他の追随を許さない革新的な映像表現で『GANTZ』シリーズ(10、11)や『デスノート Light up the NEW world』(16)などコミック原作の映画化で大ヒットを連発している“映像の魔術師”が、約1年半もの歳月を費やし最先端CGを実写と融合!圧巻は、“斬魄刀”(ざんぱくとう/持ち主の霊力によって姿形を変える!)を必殺の武器として、死神同士が激突する剣戟バトルや、強烈無比なインパクトを放つ異形の悪霊・虚〈ホロウ〉との大迫力の戦闘シーン!超スケールで放つ、アクション・スペクタクルはさすがの見ごたえ!

さらに、死神という運命を背負うことになった一護の成長と、家族や仲間への想い、ルキアとの種族を超えた絆など、奥深い人間ドラマも描かれる。原作の長さを思うと尺的にどうしても駆け足の感は否めないが、アクションや原作世界観をよく再現出来ているので、原作ファンにも是非観てもらって、感想戦で盛り上がってもらいたい。