神戸開港150年記念上映~映画初上陸は神戸だった!~「映画の初めて」集めました

世界初の映画キネトスコープ、日本初のトーキー映画/カラー映画を体験しよう!

今年開港 150 年を迎える神戸港は、日本に初めて映画が入ってきた映画発祥の地と言われています。
世界で初めての映画は、エジソンが発明した世界初の映写機「キネトスコープ」によるもので、1896年に神戸・花隈の神港倶楽部にて初めて一般公開されました。その後、映画は大衆の娯楽として発展し続け、今日に至ります。
特集上映では、キネトスコープで上映されていた映画13作品を解説・生演奏付きでご覧頂く「キネトスコープ神戸上陸記念:エジソンの映画 1895 〜 1908」、日本初のトーキー映画「マダムと女房」、日本初めてのカラー作品「カルメン故郷に帰る」の3プログラムを上映します。
上映作品を楽しみながら、当時を振り返り、映画の歴史をご体験ください。




アクセス

〒652-0811 神戸市兵庫区新開地5丁目3番14号
Tel:078-512-5500

神戸高速「新開地駅」8番出口より徒歩約5分
JR「神戸駅」ビエラ神戸口より徒歩約10分
神戸市営地下鉄「湊川公園駅」東改札口より徒歩約15分

公式サイト

https://www.kavc.or.jp/cinema/1470/

Fecobook

https://www.facebook.com/KobeArtVillageCenter/?ref=bookmarks

Twitter

https://twitter.com/KAVC_Kobe