【神戸アートビレッジセンター】新春!ニッポンの喜劇映画セレクション~日本の笑いのルーツを作った喜劇人たち

2018年はワハハと笑って新年をスタート!

関西の芸人・喜劇役者を中心に日本の笑いのルーツともいえるコメディアンが繰り広げる喜劇作品をセレクト!
昨今、NHKで笑いの王国吉本興業の創業者「吉本せい」をモデルしたドラマが放送される中、神戸アートビレッジセンターでは、日本の笑いを作ってきた喜劇人の代表作を集め、若い人には現在の笑いと比較しながら、当時を知る人には懐かしみながら楽しめる喜劇映画を上映します。
新年は劇場で初笑いを!

上映作品

「親バカ子バカ」(1960年)

「番頭はんと丁稚どん」(1960年)

「喜劇 駅前温泉」(1962年)

「スチャラカ社員」(1966年)

「てなもんや東海道」(1966年)

関連トークイベント

「懐かしいコメディアン」

日時

1/20(土)16:30〜

ゲスト

大池 晶(漫才作家・放送作家、NHK「わろてんか」漫才部分、バラエティ 生活笑百科」担当、関西演芸作家協会 副会長、日本笑い学会副会長)

詳しくはコチラ

https://www.kavc.or.jp/cinema/1612/

開催場所、お問い合わせ

神戸アートビレッジセンター

住所

652-0811 神戸市兵庫区新開地5丁目3番14号

電話番号

078-512-5500

公式HP

https://www.kavc.or.jp/

Facebook

https://www.facebook.com/KobeArtVillageCenter/

Twitter

https://twitter.com/KAVC_Kobe

「番頭はんと丁稚どん」 ©1960 松竹株式会社 「スチャラカ社員」 ©1966 松竹株式会社 「親バカ子バカ」 ©1960 松竹株式会社 「喜劇 駅前温泉」©1962 TOHO CO.,LTD. 「てなもんや東海道」©1966 TOHO CO.,LTD.