8/29からレンタル開始!!「愚行録」

8/29からレンタル開始!!「愚行録」!!

理想的な家族は誰に殺されたのか?

それぞれの証言から浮かび上がる「人間の本性」とは―

あなたが日常で交わす何気ない会話や人のウワサ話、人間関係における秘められた羨望、嫉妬、見栄、駆け引き。無意識に積み重ねられる愚行の数々に、観る者自身の生き方が問われ、極限まで人間性が試されます。
先が読めきない展開に、仕掛けられた3度の衝撃―
誰が真の被害者で誰が加害者なのか?

STORY

幸せを絵に描いたような家族に、突如として訪れた悲劇。深夜、家に忍び込んだ何者かによって、一家四人が惨殺された。隣人、友人らが語る数多のエピソードを通して浮かび上がる、「事件」と「被害者」。理想の家族に見えた彼らは、一体なぜ殺されたのか。

確かな筆致と構成で描かれ、直木賞を受賞した同名小説が原作です。凄惨な描写があるわけでもなく心理描写の重なりだけで、強烈な印象を読者に残した原作が見事に映像化されています。

迷宮入りした一過惨殺事件を追う週刊誌の記者を妻夫木聡、その妹を満島ひかりが演じる他、小出恵介、臼田あさ美、市川由衣、松本若菜、中村倫也、眞島秀和、濱田マリ、平田満ら日本映画界を牽引する豪華実力派俳優が集結。

上質の「イヤミス」です。
救いようのない自分の愚かしさに気づいても、みじめに呻くしかないし、映画が進むほど、人間の薄闇を突きつけられて穏やかではいられない。
後味は決してよろしくはないけど、鑑賞後、人と話さずにはいられない、そんな1本。
凄い監督だし、凄い演技者たち。
一見の価値ありです。