11月3・4週のイチオシ作品は、なんといっても安室奈美恵のラストアルバム!!

NEW RELEASE INFORMATION

イチオシCDはこちら

安室奈美恵

「Finally」(11月25日(土)レンタル開始)

いよいよ今週、安室奈美恵のオールタイム・ベストアルバムが入荷いたします!セル販売では、発売初週でミリオンセールスを達成!アーティスト史上初の“年齢4年代連続”(10代、20代、30代、40代)ミリオンセールスの快挙も達成しました。
気になる商品詳細はこちら↓
1992年発売のデビュー曲「ミスターU.S.A.」から、2017年発売の最新シングル曲「Just You and I」までの45曲(「ミスターU.S.A.」~「TSUKI」 New Recording)に加え、パッケージ初収録となる「Christmas Wish」、新曲全6曲を含む、全52曲を収録! 45曲には、「ミスターU.S.A.」「TRY ME ~私を信じて~」をはじめ、小室哲哉プロデュース時代から女性ソロアーティストのシングルセールス記録(229.6万)を持つ「CAN YOU CELEBRATE?」他、「Body Feels EXIT」「SWEET 19 BLUES」。セルフプロデュース時代から、300万ダウンロードを超えるメガヒット曲「Love Story」他、「Baby Don’t Cry」「NEW LOOK」。アルバム初収録となる、2016年NHKリオデジャネイロオリンピック・パラリンピック放送テーマソング「Hero」をはじめ「Mint」「Just You and I」など、年代ごとに選りすぐりの楽曲をセレクト。さらに、新曲には、10月放送開始のTBS系 火曜ドラマ「監獄のお姫さま」主題歌「Showtime」、フジテレビ系アニメ「ONE PIECE」主題歌「Hope」、Hulu CMソング「Do It For Love」、日本テレビ系「NEWS ZERO」テーマ曲「Finally」、NTTドコモ 25th Anniversary CMソング「How do you feel now?」などを収録。まさに、ベスト・アルバム+ニュー・アルバムのボリュームを兼ね備えた、25年間の歴史を辿るオールタイム・ベストアルバム。
アニバーサリーイヤーを飾る作品をぜひチェックしてください!

他にも気になるCDが続々リリース!

松たか子

「明日はどこから」(11月15日(水)レンタル開始)
8年ぶりのオリジナルアルバム。「明日はどこから」(NHK連続テレビ小説『わろてんか』主題歌)、「おとなの掟」/ Doughnuts Hole (TBS系 火曜ドラマ『カルテット』主題歌) 他含む全11曲収録です。
“時間がかかってしまいましたが、やっとアルバムをお届けできることになりました。「おとなの掟」もふたつのバージョンをお楽しみいただけたらと思います。レコーディングの際は、椎名林檎さんに優しく鋭く追い込まれながら歌いました。カルテット、というドラマが、この曲によって仕上げられたような気がしています。大げさに言えば、私達4人も、歌ったことで、ドラマをやり遂げる覚悟を持ったかもしれません。御三方、違ったらすみません!ひとつひとつが大切な曲ばかり、聴いていただけることを願っています。“(松たか子)

米津玄師

「BOOTLEG」(11月18日(土)レンタル開始)
その音楽性、表現力はとどまる事を知らず、毎作、毎曲、驚きと感嘆の声を持って迎えられるアーティストはそう思いつかない。米津玄師、待望の通算4枚目のアルバム!シングル4曲「LOSER」「ナンバーナイン」「orion」「ピースサイン」の他、話題となっている「打上花火」「砂の惑星」をセルフカバーとして収録。
“色々な人と関わり合いながら作りましたけど、それもつまりは「色々な人と関わらずに作る」っていうことを放棄したっていうことで。なにかを得るってことはなにかを失うってことでもある。それで言うと、俺はたくさんのものを失ってるんだろうなと思います。でもそれが自分が選び取ったものであって、それによって今にしか出来ないこと、2017年の米津玄師にしか出来ないことがこのアルバムにはすごく詰まってる。“(米津玄師)

ブルーノ・マーズ

「24K・マジック」(11月18日(土)レンタル開始)
数々の記録を塗り替え世界No.1男性アーティスト となった“音楽界の至宝”ブルーノ・マーズ。約4 年振り、全世界待望の3rd アルバムが遂にレンタル開始!!来年の4月には来日公演も決まっており、今後の活動にますます目が離せない!!
“ファーストのツアーに出た後は踊りもできないとダメだって気がついて、バンドのメンバーも巻き込んでステージで動くようになったんだよな。“トレジャー”や“ロックド・アウト・オブ・ヘヴン”みたいな、バンドがグルーヴに乗っていけるような曲が必要なんだ。セカンドの『アンオーソドックス・ジュークボックス』でツアーをした後も同じように感じて、それが今作のサウンドに繋がってる。これから始まるツアーに関しても、会場をパーティーの場に変えていきたいし、お客さんもお洒落して気合いを入れてコンサートに臨めるようにしたいんだよね。とりあえず汗かいてもらわないと。みんなに踊ってほしいから、スマホでの撮影も一切なし。写真なんか撮ってる場合じゃないから“(Bruno Mars)

10-FEET

「Fin」(11月18日(土)レンタル開始)
前作アルバム『thread』から約5年振り、ロンドン・オリンピック以来となるオリジナル・アルバム、バンド結成20周年、主催フェス”京都大作戦”10周年のアニバーサリーイヤーについに発売!
“辞めるつもりではないですが本気の本気で”これで最後になってもかまへん”と思える作品を作りたくて何ヶ月も前からこの作品に入り込んでました。全開で叫んだり歌ったりふざけたりしてます。10-FEET嫌いな人にも聴いて欲しいです。”(10-FEETタクマ )

ぜひお近くのTSUTAYAで最新のCDをCHECK!