今日の映画は「最愛の大地」

最愛の大地


<2011/アメリカ>

スタッフ・キャスト

監督
アンジェリーナ・ジョリー

出演
ザーナ・マリアノヴィッチ、ゴラン・コスティッチ、ラデ・シェルベッジア、ヴァネッサ・グロッジョ

なんで今日の映画なの??

人道支援家としても知られる女優、アンジェリーナ・ジョリー。
彼女は、ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争を舞台にした社会派映画『最愛の大地』で監督デビューしました。

悲劇的な内戦によって、恋人同士でありながら敵同士になってしまった男女の愛の行方が描かれています。

異なる3つの民族が一緒に住んでいたユーゴスラビアにおいて、ムスリム人とクロアチア人が独立への動きを強め、これに反対するセルビア人との武力衝突が勃発、泥沼の内戦状態に陥りました。

本作では、その中で女性たちが受けた組織的な強姦や強制妊娠、虐殺といった暴力の数々を取材に基づいて描写されています。主人公たちのようなカップルは現実に数多くいたといい、これ以上の悲劇はありません。

1995年12月14日、和平が正式に合意され1992年から続いた紛争に終止符が打たれました。

http://www.movie366.jp/