今日の映画は「ペーパー・ムーン」

ペーパー・ムーン


<1973/アメリカ>

スタッフ・キャスト

監督
ピーター・ボグダノヴィッチ

出演
ライアン・オニール、テイタム・オニール、マデリーン・カーン、ジョン・ヒラーマン

なんで今日の映画なの??

1929年10月29日、アメリカのウォール街では、5日前の株価暴落に次いで再度大暴落を記録、世界恐慌のきっかけとなりました。

本日は、未曽有の大不況の真っただ中、失業率25%とも言われた1930年代のアメリカを舞台にした映画『ペーパー・ムーン』を。

聖書を売りつけては人をだまして小金を稼ぎ生計を立てるモーゼ(ライアン・オニール)は、亡くなった元恋人の娘アディ(テイタム・オニール)に出会い、彼女を親戚の家へ送り届けることになります。旅を続けるうちに少しずつ距離が縮まって行く二人。
演じているのは名前でお察しの通り本当の親子で、息もぴったり。ユーモラスな二人の旅に、いつしか心はあたたまり、何とも言えない幸せな気持ちになります。

涙が出なくてもいいんです、こんな感動も映画の醍醐味!

http://www.movie366.jp/