今日の映画は「ディーン、君がいた瞬間(とき)」

ディーン、君がいた瞬間(とき)


<2006/アメリカ>

スタッフ・キャスト

監督
アントン・コルベイン

出演
ロバート・パティンソン、デイン・デハーン、ジョエル・エドガートン、アレッサンドラ・マストロナルディ

なんで今日の映画なの??

伝説のハリウッドスター、ジェームズ・ディーンは、主演作『エデンの東』『理由なき反抗』での演技で観る者の心を奪い、スターへの階段を駆け上がりましたが、それから半年足らず、1955年9月30日、24歳の若さで交通事故により亡くなりました。

この映画は、ある若いカメラマンが、無名時代(というよりも有名になる直前)のジェームズ・ディーンに出会い撮影旅行に出かけたという事実を基に映画化したもの。ディーンを演じたのは、ディカプリオの再来と言われる演技力と甘いマスクで注目されるデイン・デハーン。

本当に似てます!

あまりの大役に、監督のオファーを5回断ったと言いますが、哀愁と純粋さを絶妙のバランスで演じ切っています。

http://www.movie366.jp/