今日の映画は「ヴェロニカ・ゲリン」

ヴェロニカ・ゲリン


<2003/アメリカ>

スタッフ・キャスト

監督
ジョエル・シューマカー

出演
ケイト・ブランシェット、ジェラルド・マクソーリー、シアラン・ハインズ、ブレンダ・フリッカー

なんで今日の映画なの??

2007年9月27日、映像ジャーナリストの長井健司氏が、ミャンマーのヤンゴンで、軍事政権に対する僧侶や市民の反政府デモを取材中に軍の兵士に狙撃され亡くなるという痛ましい出来事が起こりました。

一説によると、軍部には最初からカメラを持つ人間を銃撃せよという指令が出ていたとされ、偶発的に起こった事故ではないとの見方も強まっています。

悲しいことに、彼の様に真実と正義を追求するがゆえに凶弾に倒れるジャーナリストは少なくありません。本作のヒロインのモデルとなった実在の女性ジャーナリスト、ヴェロニカ・ゲリンもその一人。

ごく普通の女性でありながら、組織的な麻薬犯罪を追い続け、37歳の若さで殉職しました。彼女の燃えるような使命感と、母としての柔和な表情をオスカー女優、ケイト・ブランシェットが演じ分けています。

http://www.movie366.jp/