今日の映画は「ルワンダの涙」

ルワンダの涙


<2005/イギリス、ドイツ>

スタッフ・キャスト

監督
マイケル・ケイトン=ジョーンズ

出演
ジョン・ハート、ヒュー・ダンシー、クレア=ホープ・アシティ、ドミニク・ホルヴィッツ

なんで今日の映画なの??

アフリカ中西部のルワンダ、もともとは共存していたフツ族とツチ族。第一次世界大戦後にベルギーが植民地支配をするようになり、その統治政策によって断絶された両者の、復讐と憎しみの連鎖は、一度和平に合意したにも関わらず、1994年4月、フツ族によって100万人とも言われるツチ族の大量虐殺という惨劇に発展してしまいました。

本作『ルワンダの涙』は、この事件に巻き込まれた西洋人の視点で描かれる実話に基づいた作品です。
あまりにも絶望的な事実、それに介入する国連軍の闇をあぶり出しています。

内戦によって多くの人々が難民となる中、1994年9月21日、日本はその周辺国のザイール(現コンゴ)やケニアへ、自衛隊を派遣し救援活動を行いました。

難民キャンプに暴徒が紛れ込むような事態もあり、非常に難しい任務だったようです。

http://www.movie366.jp/