今日の映画は「ドリームガールズ」

ドリームガールズ


<2006/アメリカ>

スタッフ・キャスト

監督
ビル・コンドン

出演
ジェイミー・フォックス、ビヨンセ・ノウルズ、エディ・マーフィ、ジェニファー・ハドソン

なんで今日の映画なの??

1960年代に活躍した黒人系女性ボーカルグループ「ザ・スプリームス」をモデルに製作されたミュージカル映画『ドリームガールズ』。

ダイアナ・ロスをモデルとしたディーナ・ジョーンズ役に世界の歌姫ビヨンセを起用して話題になりました。黒人のソウルミュージックが表舞台に出られない時代、黒人の音楽を売り出そうと並々ならぬ野心を燃やす音楽プロデューサー、カーティス(ジェイミー・フォックス)に圧倒されます。

なんといってもこの映画の魅力は歌!音楽!
ビヨンセはもちろん、彼女をしのぐと評されたジェニファー・ハドソンや、落ち目の歌手を演じたエディ・マーフィの歌声も素晴らしく、それだけで観る甲斐があります!

ちなみに、1964年のこの日に、ザ・スプリームスが3人組となり初めてのレコード「愛はどこへ行ったの」がリリースされました。

この曲は全米No.1ヒットとなり彼女たちは一躍スターの道を駆け上がりました。

http://www.movie366.jp/