365日映画を観よう。今日はいい肉の日なので、今日の映画は「焼肉ドラゴン」

日本万国博覧会が開催された高度経済成長期の1970年、関西地方で焼肉店「焼肉ドラゴン」を営む夫婦は娘3人と息子と共に暮らしていた。戦争で故郷と左腕を奪われながらも、前向きで人情味あふれる龍吉の周りには常に人が集まってくるるお話です。この映画を観て泣かない人などいないと言われているほど感動してしまう映画です。そして役者の方々の演技がまた凄い!