365日映画を観よう。今日は初恋の日なので、今日の映画は「ぼくのエリ 200歳の少女」

初恋は悲しくて、美しい。そんな言葉が似合う作品。同級生からいじめられている内気な少年が隣の家に引っ越してきたその少女と壁越しにモールス信号で会話をする習慣が始まった。彼らは次第に親密になっていく。一方、街では失踪事件や変死体が発見される事件が多発していた。彼女の不思議な正体を感じつつも、心惹かれる少年。二人を待つのはどのような未来なのでしょうか。あらゆる垣根を越えた恋が美しく描かれたキュンとする作品です。