365日映画を観よう。今日は東山紀之の誕生日なので、今日の映画は「曇天に笑う」

東山紀之さん、お誕生日おめでとうございます!本日は9/12にレンタル開始となったばかりの作品「曇天に笑う」をご紹介。
物語の舞台は、明治維新後の滋賀県・大津。300年に一度蘇り、人に災いをもたらすという巨大な力を持つ大蛇(オロチ)。
大蛇復活の年、その力を阻止するために立ち上がった曇神社を継ぐ曇家(くもうけ)の長男の曇天火、次男の空丸、三男の宙太郎の曇天三兄弟(どんてんさんきょうだい)と、明治政府右大臣・岩倉具視の直属部隊・犲(ヤマイヌ)は、それぞれ違った方法で大蛇の力を再び封印し、日本に平和をもたらそうとしていた。
しかし、その力を手に入れ明治政府を転覆させるため動き出した最強の忍者集団・風魔一族の暗躍により、曇天三兄弟の行く手は阻まれてしまう。曇天三兄弟vs犲vs風魔一族・・・ 三つ巴、空前絶後の戦いが、今始まる!
キャストは皆んなイケメン?福士蒼汰くんはのバキバキに戦う姿は美しかった~♪冒頭とエンドロールのサカナクションの音楽も最高です。
兄弟思いの優しい天火の物語。アクションシーンはかっこよくて見応えあり!原作からかけ離れつつキャラの個性や元のストーリーを崩さず描く本広克行監督らしい映画。原作読みたくなりました!