365日映画を観よう。今日は世界狂犬病デーなので、今日の映画は「犬ヶ島」

近未来の日本。犬インフルエンザが大流行するメガ崎市では、人間への感染を恐れた小林市長が、すべての犬を“犬ヶ島”に追放する。
ある時、12歳の少年がたった一人で小型飛行機に乗り込み、その島に降り立った。愛犬で親友のスポッツを救うためにやって来た、市長の養子で孤児のアタリだ。
島で出会った勇敢で心優しい5匹の犬たちを新たな相棒とし、スポッツの探索を始めたアタリは、メガ崎の未来を左右する大人たちの陰謀へと近づいていく──。
まずジャケットインパクトありすぎ!そしてキャラクター作りはもちろん、犬たちのセリフや間が絶妙!!!!ウェス・アンダーソンの世界観に引きずられます。
犬ならではのユーモアとオリジナリティに溢れるストーリーから、犬への愛と敬意を感じられる作品です。愛犬に会いたくなっちゃった!!