365日映画を観よう。今日は国際ビーチクリーンアップの日なので、今日の映画は「ディープ・ブルー」

「国際ビーチクリーンアップの日」とは、アメリカ・サンフランシスコに本部を置く海洋自然保護センターが、1985年から実施している記念日だそうです。この日に近い週末、世界各地で海岸のごみを拾い集め、その数量・種類などを調べ、地球環境への影響を調査しているんだとか。ということで本日は海の中やその周辺で生きる生物を捉えた映画、「ディープ・ブルー」をご紹介。イギリスBBCの制作スタッフが4年半もの年月をかけ、ミステリアスな海の世界とそこに生きる生物たちを追った壮大なドキュメンタリー作品です。シャチやホッキョクグマ、コウテイペンギン、深海魚と、海で生きる様々な生物たちの壮絶な生き様が克明に映像世界におさめられており、神秘的な海の世界へと飲み込まれていくような感覚に陥ります。ベルリン・フィルの重厚な音楽もまた、より一層本作の世界観を深めてくれておりとても上質な作品です。ぜひご覧下さい。