365日映画を観よう。今日はクリント・イーストウッドの誕生日なので、今日の映画は「ミスティック・リバー」

数あるイーストウッド作品の中からどの作品をご紹介しようかと思いましたが、本日は個人的に好きな「ミスティック・リバー」を。過去の事件をきっかけに疎遠になっていた幼馴染の3人の男性が、ある殺人事件をきっかけに25年振りに再会するー。嘘や疑惑が交錯し思わぬ方向へと進む事件、暗鬱さが漂う重厚なサスペンスドラマの名作です。「あの時あれが自分だったらー」私達が日々過ごす日常生活でもそういった二面性はいつでも孕んでおり、立場や状況に応じてそれぞれ生まれる感情や判断は変わっていきます。一体何が正解なのかなんて誰にも分からない…。色々なことを考えさせられ嫌な余韻も残りはしますが、登場人物たちの様々な感情を表現していく作品展開は秀逸です。