365日映画を観よう。今日は禁酒の日なので「酔いがさめたら、うちに帰ろう。」をご紹介。

アルコール依存症の戦場カメラマン、西原理恵子さん旦那さんが自身のアルコール依存症の経験をつづった自伝的小説を映画化した人間ドラマです。重度のアルコール依存症になった男と、彼を支え続けた家族たちの日々を、ほんわかと、でも重く丁寧に描かれています。淡々と進む感じもなんか良かったです。
鴨志田氏は既に亡くなっており享年42歳。人間の弱さや、個人的にアルコールの嫌な思い出が少しキレイかな?とも思いました。