365日映画を観よう。今日は四十七士討ち入りの日。「四十七人の刺客」の映画をご紹介します…

赤穂浪士の討ち入りを描いた時代劇であるものの、従来の「忠臣蔵」と異なり、討ち入りを「情報戦」「経済戦」「暗殺」という視点で描いた作品です。(従来は忠義、義理、孝行、信念など日本的な心を重んじて描かれてるのですが…)ベーシックな忠臣蔵を大河などなどで観た方でも初忠臣蔵でも楽しめます!!今みたいな平穏な時代に起こった討ち入りなんですよね~そら衝撃な事件で語り継がれますです。