365日映画を観よう。今日はエレベーターの日なので…「死刑台のエレベーター」の映画をご紹介。

同じタイトルの作品があるのですが今回は1957年に制作されたフランスの「死刑台のエレベーター」をご紹介します。綿密なストーリー構成がとても評価高い作品です。今年7月に亡くなったジャンヌ・モローも出演していますので、追悼として今観るのもいいですね。音楽といい、世界観といい、オシャレで憧れてしまう世界観です。