絶賛レンタル中!!「この世界の片隅に」

この世界の片隅に

【監督】
片渕須直

【原作】
こうの史代

【キャスト】
のん(能年玲奈)
細谷佳正
稲葉菜月
尾身美詞
小野大輔

2017年日本アカデミー賞、最優秀アニメーション作品賞受賞作品がついにTSUTAYAでレンタル開始!

こうの史代氏の漫画を長編アニメーション映画化。クラウドファンディングで支援メンバーをつのり、プロジェクトが成立。公開館数は63館であったが、徐々に規模を拡大し、累計360館を超え、累計動員数200万人・興行収入26億円を突破するなどミニシアター系の映画としては異例のヒットを記録した話題の作品である。日本国外では世界44の国と地域で上映。本作は第40回日本アカデミー賞最優秀アニメーション作品賞をはじめ、数々の映画賞に受賞・ノミネートし「君の名は。」旋風の中、次の話題作となり今までにない「日本の新しいアニメーション」の先駆けとして評された作品だ。
テーマは「戦争と広島」で呉に住む18歳の少女が嫁ぎ先での生活と段々と戦争が激しくなり身近に戦争が迫るリアルを描かれている。主人公の”すず”の声はのん(能年玲奈)が演じ、その演技力と表現の豊かさにも大きな評価と話題になる。その背景の「大人の事情」がメディアを通して歯がゆいほどに伝わってきて、コトリンゴの歌の様に悲しくてやりきれない気持ちになったファンも多い。新しい音楽レーベルでアーティストとして楽しく奮闘している様子が胸を打つ近頃である。
そして、作品全編の音楽を手がけたコトリンゴの楽曲もまた味わい深く、戦争という悲しみしか生まない絶望的な景色に美しく鳴り響くシーンには自然と涙する観客も多かった。オープニングテーマの「悲しくてやりきれない」はザ・フォーク・クルセダーズの楽曲のカバーでコトリンゴが多く手がけたカバーアルバムに既に収録されていたもののアレンジである。マスメディアでは「大人の事情」で告知などほぼなかった作品がSNSの口コミが爆発的に広まったことも話題だ。その話題作、まだ観られていない方はその目で確かめて欲しい。