今日はベッドの日。ご紹介する映画は「NEMO ニモ」

NEMO ニモ

<1989年  アメリカ 日本>

監督
ウィリアム・T・ハーツ 波多正美

声の出演
合野琢真
大塚周夫
北村弘一
ダニー・マン
笠原弘子
内海賢二
石田太郎
玄田哲章
横尾まり

ベッドとパジャマで大冒険!!子供の夢が広がる作品!!

グッ(gで、9)スリ(スリーで、3)でグッドスリ。今日はフランスベッド株式会社が企画・制定したベッドの日です。
そんなベッドにちなんだアニメーション作品をご紹介します。原作はウィンザー・マッケイによるコミック史上の名作「夢の国のリトル・ニモ」です。個人的には子供の頃に何度も見直すほど大好きだったアニメーション作品で、私の中ではニモと言えばこちらの作品の印象が強いです。しかし、あまりヒットはしなかった作品です(泣)…でも、とても良い作品なのでオススメします。

日本とアメリカの共同制作の作品で、宮崎駿、高畑勲、出崎統、大塚康生、レイ・ブラッドベリ、メビウスなど多くの著名人が製作関わりました。日本のアニメーションのタッチ!!という感じでもなくディズニーの様な雰囲気も併せ持ってるのですが、バリバリディズニー色も強くない。独特なタッチです。あらすじはベッドで眠っているとベッドごと浮かび上がる少年ニモの冒険のお話。夜にベッドが浮かび上がるとファンタジーの世界へ行くことができます。そこには王様・可愛いお姫さま・愉快な仲間たちがいて愉快に暮らす世界です。ですが、ある日王様がさらわれてニモはベッドに乗って悪いやつら達と戦い、平和を取り戻します。お話の流れはよくある感じではあるのですが、子供の完成に響くハラハラドキドキ・プリンセスの可愛くてとても印象的だった事・空飛ぶベッドでの大冒険。なんとなく、眠るのは暗い部屋で怖かったのですが、この作品をみると寝ている時に夢をみる、という事で何かおきないかな、と寝ることが楽しみになる作品でした。一緒に戦った仲間達の不思議な動物もとても可愛くて、是非小さな子どもたちに観て欲しい作品です。
ぐっすり寝たくなる事間違いなし!