今日の映画は「男はつらいよ フーテンの寅」

男はつらいよ フーテンの寅

<1970年 日本>

【監督】
森崎東

【脚本】
山田洋次
小林俊一
宮崎晃

【キャスト】
渥美清
新珠三千代
森川信
三崎千恵子
前田吟
倍賞千恵子

懐かしい葛飾の桜が今年も咲いております。

1969年のこの日、山田洋次監督・渥美清主演の映画『男はつらいよ』シリーズの第1作が公開されました。

「フーテンの寅」が最初に登場したのはテレビドラマで、実はこの時は最終回で寅さんは死亡しました。
映画第1作の『男はつらいよ フーテンの寅』は、テレビ版の結末に抗議が殺到したこともあり、
寅さんをもう一度、ということで山田洋次監督自ら企画しています。
ワイドスクリーンいっぱいに、元気溌剌な寅のハチャメチャぶりが笑いを誘います。
マドンナは新派のトップ女優で、これが映画初出演だった光本幸子、博の父には名優・志村喬。

渥美清さん演じる「フーテンの寅」こと車寅次郎が、故郷の葛飾柴又に戻ってきては何かと大騒動を起こす人情喜劇シリーズは、
毎回旅先で出会った「マドンナ」に惚れつつも、失恋するか身を引くかして成就しない寅次郎の不器用な生き様を描いていて、
そんな寅さんだからこその名言が光っています。
どんな言葉が刺さるかは是非映画をご覧になって感じて下さい!

今日後万端引き立って宜しく御頼ん申します!by寅さん