今日の映画は「ココ・アヴァン・シャネル」

ココ・アヴァン・シャネル

<2009年 フランス>

【監督】
アンヌ・フォンテーヌ

【脚本】
アンヌ・フォンテーヌ
カミーユ・フォンテーヌ

【キャスト】
オドレイ・トトゥ
ブノワ・ポールヴールド
アレッサンドロ・ニヴォラ
マリー・ジラン
エマニュエル・ドゥヴォス
レジス・ロワイエ

美しさは女性の『武器』であり、装いは『知恵』であり、謙虚さは『エレガント』である

こう語ったと言われる世界的ブランド「シャネル」の産みの親、ココ・シャネル。
本日はそんな彼女の誕生日にちなみ、ココ・シャネルの生い立ちを「アメリ」のオドレイ・トトゥ主演で描いた伝記ドラマをご紹介。

最高級ブランドの代名詞として語られる「シャネル」。
そんなトップブランドが生まれた裏にはどんな物語があったのかー。

母親を亡くし、父親に見捨てられたガブリエル・シャネルは、姉と共に田舎の孤児院で少女時代を過ごす。
その後成長したガブリエルは、仕立屋でお針子仕事をする傍ら、キャバレーで歌を歌い、つつましい日々を送っていた。
やがて“ココ”の愛称で呼ばれるようになった彼女は、将校のバルサンに見初められて愛人となり、
パリ郊外へ移り住み、上流階級の生活を知ることに。
そんなある日、青年実業家のカペルと運命的な出会いを果たすココだったが…。

美しさという武器、装いという知恵、謙虚さというエレガントー、
そしてそれらが織り成す女性の「強さ」を、洋服に体現していくココ・シャネル。
ファッションで女性を解放し革命していく強さの裏で、一人の女性として愛に生きたシャネルの生き様自身もまた、
「シャネル」を不動のトップブランドに成し得た要素だったのかもしれません。

華やかなブランドの裏に隠された、ひとりの女性の革命と愛の物語。
ぜひ一度目にしてみて下さい。