今日の映画は「バッテリー」

バッテリー

<2006年 日本>

【監督】
滝田洋二郎

【脚本】
森下直

【キャスト】
林遣都
山田健太
鎗田晟裕
蓮佛美沙子
天海祐希

本日8/18は「高校野球記念日」

高校野球の前身である第1回全国中等学校優勝野球大会の開会式が、8/18に大阪の豊中球場で行われたことに由来しているそうです。
ということで本日は、孤独な天才中学生ピッチャーを軸に織りなす、友情と家族の物語をさわやかに綴った作品、
『バッテリー』をご紹介します。

中学校入学を目前に控え、家族で岡山県へと引っ越してきた天才ピッチャー、原田巧。
彼は、自分の才能に絶対的な自信を持ち、それゆえに他者を寄せ付けない孤独な一面を持っていた。
家族も病弱な弟を大切にするあまり、巧との間に微妙な距離を置いてしまう。
そんな巧の前に、彼の才能に惚れ込みバッテリーを組むことを熱望する同級生、永倉豪が現れるー。

原作は人気作家あさのあつこによる全6巻からなる、延べ1,000万部を超える大ベストセラー作品。
主演はこちらがデビュー作となる、林遣都、そして本作実はこの翌年「おくりびと」でアカデミー賞外国語映画賞を受賞した滝田洋二郎が監督しています。

一見ただただ性格が悪いように見える主人公巧(たくみ)ですが、
影に隠れた努力や忍耐、そして自身を貫き通す強さ、
中学生ながらに必死に色んな感情と闘っている姿には、何だか感じ入るものがあります。

スポーツ、友情、青春・・・
なんちゅう堪らない響きでしょう・・

大人になってはもう味わうことのできない、この10代の熱量を、
是非この暑い夏真っ盛りに感じてみてはいかがでしょうか。