今日の映画は「おもひでぽろぽろ」

おもひでぽろぽろ

<1991年 日本>

【監督】
高畑勲

【脚本】
高畑勲

【キャスト】
今井美樹
柳葉敏郎

私はわたしと旅にでる。

東京でひとり暮らしをしている27歳のOL・タエ子。農業に興味を持っている彼女は休暇を利用し、
義兄で農家を営む山形へと向かう。寝台列車で揺れる中、彼女の前にはいつしか小学5年生の自分が現れはじめるが・・・。
自分の少女時代を振り返りながら、精神的に自立してゆく平凡なOLの姿を描く。

初めてこの作品を観たのは小学生の時だったでしょうか、
当時は小学5年生のタエ子に近い年頃でしたが、あれから何年も経ち今はすっかり主人公に近い年齢になりました。
そんな今、改めて観返すと、当時見えなかったものや感じなかったものに気付かされ
子供時代に見た印象とは全く違う味わい深い感動を受けます。

昨年ヒットした『この世界の片隅に』もそうですが、
平凡や郷愁といった輪郭の淡いものを、丁寧に印象深く表現できるというのは日本のアニメーションの素晴らしいところですね。

劇中の中にも、当時珍しかったパイナップルを、家族みんなで食べるというシーンが出てきますが、
そんなシーンを印象的に描けるのも、この作品の魅力だと思います。

817(パイナ)ップルの日にちなみ、本日はそんな『おもひでぽろぽろ』をご紹介してみました。

観たことがある人もない人も、慌しい日々の隙間に是非本作をご覧くださいませ。
60年代のノスタルジックな風景と、レトロな気分に浸れますよ。