今日の映画は「グレイヴ・エンカウンターズ」

グレイヴ・エンカウンターズ

<2011年 アメリカ>

監督
ザ・ヴィシャス・ブラザーズ

キャスト
ショーン・ロジャーソン
アシュリー・グリスコ
フアン・リーディンガー
マッケンジー・グレイ

YOUTUBEの予告が話題になった作品!!

今日は、幽霊の日。1825(文政8)年のこの日、江戸の中村座で四世鶴屋南北作『東海道四谷怪談』が初演された事から本日は幽霊の日とされた様です。
(でもあえてこの作品を紹介したい気分なので四谷怪談はしませんでした。)

そこで暑い日々が続く毎日に見て欲しい幽霊に因んだ作品をご紹介致します。

2012年にYoutubeでの予告編再生回数が2200万回を突破した話題のホラー映画「グレイヴ・エンカウンターズ」です。

よくある設定ですが、廃墟になってしまった精神病院に超常現象をやらせ番組のスタッフたちが取材し、本物と出会ってしまう…というものです。
彼ら撮影クルーが何台か設置した何台かのカメラの視点を私達がみていくモキュメンタリー映画です。

ですので画面酔いなどされる方はご注意を。

何も起こらないじゃないか…。と一夜を廃墟で明かす彼らに本物の怪奇現象に見舞われ、脱出しようにも出口がなくなっている。出口を探して逃げ惑う彼らが目にするものは一体…!?という様なお話です。

とにかく映画のお化け屋敷です。観ている人も番組スタッフと一緒に逃げている気持ちになって出口を探してしまいます。あっちに言ってギャー!こっちに言ってもギャー!!もうやだよ~(泣)。っていう気持ちになります。

続編も同じく恐ろしく、設定も入り組んでいて続けて観ていただきたい作品です。

この作品、幽霊の顔のインパクトが大きすぎて話題になり、「恐怖のグレイヴ顔 ~恐ろしすぎて自主規制!あなたも“恐怖のグレイヴ顔”になれる!~」という人間やペットを恐ろしい顔に出来るアプリも一時期流行になりました。

私の記憶では、このアプリ、赤ちゃんを怖い顔にするのが最も怖かったです。

間違えて夜中にYOUTUBEの予告を見ないようにしてくださいね、眠れなく風呂で後ろが気になって仕方がない夜を過ごす事間違い無し!
そして「グレイヴ・エンカウンターズ」、続編も続けてご覧ください。