今日の映画は「ショーシャンクの空に」

ショーシャンクの空に

<1994年 アメリカ>

監督
フランク・ダラボン

原作
スティーヴン・キング

脚本
フランク・ダラボン

キャスト
ティム・ロビンス
モーガン・フリーマン
ウィリアム・サドラー
ボブ・ガントン
ジェームズ・ホイットモア
クランシー・ブラウン

元気がない時に手にとってしまう作品

今日は6/1、ハリウッド俳優の味がありナレーターもこなす安定感ある演技のモーガン・フリーマンの誕生日。本日は彼の出演していた作品「ショーシャンクの空に」をご紹介したいと思います。

主人公はティム・ロビンスで、その友達役がモーガン・フリーマンです。

あらすじは、銀行員として勤めている主人公の妻とその不倫関係にあったプロゴルファーが殺害された所からはじまります。

主人公は無実を証明しますが、有罪で刑務所に入ることに。
その中での人間関係が描かれています。

刑務所の中でも希望を捨てずに、施設を充実させる為に何年も手紙を送り続けたり、自分の知識を活かして勉強を教えて高校卒業試験を受験させたり、主人公が前に前に進みます。

その様子を傍観し、最も仲良くしていたのが、モーガン・フリーマンが演じたレッドです。
レッドの落ち着いて味のある声で、ナレーションで物語が進んいきます。

色々語ってしまうとネタバレになってしまいますが、主人公の希望を忘れない前向きでひたむきな行いや、刑務所でのささやかな楽しみなど、境遇に同意できる部分は刑務所の中の物語なので中々ないのですが、元気がなくて落ち込んでいる時に主人公の行いが背中を押してくれる様な作品です。

有名な作品ですが、まだ観ていない方は是非この素敵なヒューマンドラマ、鑑賞してください。