今日の映画は「太陽の季節」

太陽の季節

<1956年 日本>

【監督】
古川卓巳

【脚本】
古川卓巳

【キャスト】
長門裕之(沢村アキヲ)
三島耕
清水将夫
坪内美詠子
南田洋子
東谷暎子
石原裕次郎

健康な無恥と無倫理の季節! 眞の戦後派青年像は生れた

本日のおすすめは「太陽の季節」です。

1956年の5月17日、芥川賞を取った石原慎太郎さん原作の映画『太陽の季節』が封切られ、石原裕次郎さんが映画デビューしました。

この作品では主人公の遊び友達の1人という脇役での映画デビューでしたが、その後は歌手・俳優として活躍し昭和を代表する日本最高のスターの1人となりました。

石原慎太郎さん本人もサッカー部員役で一瞬だけ出演しています。

公開当時、「湘南」「ヨット遊び」「ボクシング」など、新しい風俗として話題作となりましたが、反道徳的な内容についても評価が大きく分かれました。

この作品をきっかけに「太陽族」ブームが起き、巷で本作の主人公たちを真似た遊び人が街中に溢れたようです。

基本的には、昔も今も変わっていませんね。